Sapphiresan's blog

人生は楽しむべきもの

ハリポタ施設 来年夏 東京で開業!

 

東京練馬区としまえん跡地に、2023年夏にオープン…とある。

 

news.yahoo.co.jp

 

こちとら田舎者ですから、建設中だったことなど知らない。(ニュースを見落とした)

ついこの間、ロンドンのハリポタ施設に行った記事を載せたばかりなので、このニュースを無視する訳にいかなかった。

 

sapphiresan.hatenablog.com

 

ワーナーブラザース』は、来年創立100周年!

新しくできる『スタジオツアー東京』は、本場ロンドンの施設より大きいそうで、日本だけで見られるセットやインタラクティブ体験が用意されているそう!

 

これは大変な事になる!

今からワクワクが止まらない!

 

(って、もうすっかり行く気満々…。)

 

 

           



(取りあえず、感動を表現しました!)

 

 

キャンペーンと『きのこの山とたけのこの里』


11月25日は、ブラックフライデーでしたか…

日本でも、年末商戦直前のキャンペーンが色んな所で開催されていて、地域のショッピングモールでもポイント何倍、とかやっていたので行ってみた。

昼前だったけど、駐車場には既にたくさんの車が停まってる。

何とか駐車して中に入ると、車の数の割には、人の数は少ない印象。

地元でもコロナ感染者数が盛り返しているせいか…。

 

気になったので何かを買う前に、と思い、またペットショップを覗いてみた。

ほとんど入れ替わってる!

犬も、猫も!

売れちゃったのか?それとも?

どうか、みんな幸せに!

 

あちこち見てまわったが、結局買ったのは、衣料品が少しと、お弁当といちご大福だけだった!

 

チーズハンバーグ&ガーリックライス

 

いちご大福

どちらも美味しくいただいた。

 

私の住んでいる地域は、市街地だけど、比較的田舎と言われる所で、ちょっとオシャレな物を買おうと思うなら、このショッピングモールに来るしかないのである。

食料品を買うスーパーにも、車で行くのが便利。

バスはまことに不便な状態。

したがって、これからもっともっと歳を取っても、元気で長~く運転できるようにしておかなければならない、という。

 

色々な物が値上げされていて、そこから◯%割引、と言われても、実はあんまり安くなっていない、というのが現実のような気がする。

 

以前はポイントとか、ポイントカードとか、煩わしいと思っていたけど、これからは、もっと『お得!』に注目し、敏感にならなければいけない…のか。

 

食事の後に、ちょっと甘い物が欲しいの、最近。

代謝は問題ありません!

 

空きっ腹に食べるより、食後にすぐ食べる方が身体にはいいらしい。朝食として食べる甘い物は脳に良いとか。

で、次から『いちご大福』は我慢できますが、今、はまっている、『きのこの山たけのこの里』は、やめられませぬ。

もう数ヶ月続いてる。

飽きる気配が無い!

幼少時の欲求不満が及ぼす影響だろうか?(勝手な自己解釈)

 

    明治製菓 きのこの山とたけのこの里 12袋入×3パック

 

朝食の後に、きのこの山たけのこの里を一袋ずついただくのが至上の喜び(大げさ)

ルーティンとなっている。

 

どうか、これだけはもう、今以上値上げしませんように…。

 

 

 

 

サッカー観戦…するかしないか

日本がドイツに勝利、は本当に凄いこと!

試合開始早々、テレビをつけたが、じきに追い込まれ、日本のゴール付近に攻め込まれる、という映像を見たので、テレビを消した。

しばらくして、またつけた。

また攻め込まれている。

また消した。

少しして、またつけた。

1点取られてる!

また消した。そして寝た。

 

朝、起きたら勝っていた!

 

私が観ると、負ける!

過去に、ラグビーやテニス、オリンピックでもそんな事がよくあった。

気のせいだと思いたいけど…。

だから今回は、全部観るのは、やめておこう…と。

敢えて、そうした。

でも一応、録画はした。

私ごときのジンクス(?)が、影響するワケないけれど、自分としてはスッキリしないので、次のコスタリカ戦も、どうしようかと迷っている。

 

今回のドイツ戦で、同点弾を放った堂安選手も、決勝弾を放った浅野選手も、強い気持ちがチャンスを呼び込んだのだと思う。

もちろんそれには、日頃の継続的な努力が伴っているんだよね。

 

ドーハの悲劇』は、29年前だったと思うけど、おぼろげに覚えてる。

三浦知良ラモス瑠偉井原正巳中山雅史…。

あの時は、熱中してテレビの画面に張り付いた。

実は、身体半分=体育会系、の私。

 

11月27日は、試合を観たい!

観たいけど、でも、どうしようかな…。

 

ドライブ中に見つけたペチュニア
花言葉=あなたと一緒なら心がやわらぐ・心の安らぎ・(紫)人気者

 

 

 

『心の旅』…思い出の曲

 

自分が若い頃、よく聞いたり、口ずさんだりしていた歌を、何かの折に耳にすると、突然その時代の自分にタイムスリップしたような感覚に陥る。

頭の中に映るのは、あの頃の自分。教室の中や友人たちの様子。そして、苦い思い出。

 

同じように、人には人の『思い出の曲』、というのがあると思う。

 

少し前になるが、夜遅くに、たまたまテレビをつけたら、そこに『財津和夫』が出ていた。『チューリップ』のリーダー。

彼の特集番組だった。

 

財津和夫、TULIPラストツアーに密着したNHK特番オンエア 困難と闘い続けた4年間を記録 - Real Sound|リアルサウンド

 

その中で、『心の旅』という曲が流れてきた。

歌を聞いた瞬間、込み上げてくるものがあった。

 

あの歌を覚えたのが、流行した時分ではなく、誰かが学祭でやったのか、はたまたテレビかラジオでよく聞いたのか、定かでないのだけれど…。

 

あれは二十年以上前だったか。

中学の同窓会の二次会のカラオケで、最後にみんなで歌ったのが、『心の旅』だった。

 

一次会では、久しぶりにマウント仕掛けてくるヤなヤツも居たし、出席したのは、それが最初で最後だったけれど、その時のシーンがフラッシュバックした。

 

二次会に行ったのは、気心の知れた男女十数人。

別に、私達が在学中に一緒に聞いた曲でもないのに、何故だかみんな、歌いながら涙ぐんでいた。

かく言う私も……。

そういう曲。

 

www.youtube.com

 

その時、歌いながら中学時代に思いを馳せた。

あの頃は、お互い、ただの中学生…だった。

今から考えれば、個性あれども、みな同じ中学生。

それなのにそこから人生は、どうしてこんなにも、変わってしまったんだろう。

 

もし人生をやり直せるとしたら、この頃から…にしようか?

などと考えてみる。

 

でもそうしたら、今の息子は生まれていないかもしれない。

 

それならいいや、今の人生で…。

 

この人生でいいよ…と思う。

 

 

道端で見つけたコスモス

花言葉…愛情・調和・純潔

 

 

 

 

 

 

ペットショップに行ってみた!

 

普段よく行くショッピングモールの中に、新しくペットショップが入った!

というのは何か月も前の告示で知っていたのだけれど、その後にモールに行っても、用事だけ済ませてすぐ帰る、というパターンだったため、そのショップの場所さえ知らずにいた。

モール内のメイン通りからも見えず、私がよく行く店の近くにも無いので、どこに開店したんだろう?と、気になって、探してみる事に…。

 

メインより中に入った通りの、裏口に近い場所に、そのショップはあった。

 

その日は、週末だったせいか店内は、すごい人で溢れていた。

通りに面した側が、犬のショーウィンドウになっており、通りがかりの人も、つい立ち止まって見入ってしまう。

店内では、ケージの内側に、犬種とその値段を掲示してある。

犬だけじゃない。

猫も、ウサギも、ミーアキャットも、モルモットやマウスにフクロウや、インコに熱帯魚も!

2~3店舗分のスペースを取って、大盛況である!グッズもたくさん置いている。

私も、ケージを見て回ったけれど、熱帯魚の前でもたくさんの人が、熱心に水槽の中を覗き込んでいる。

 

コロナ禍となってから、ペットを飼う人が増えたらしい。

 

今までに、他にもペットショップはあったのだけど、わざわざ行く事はなかった。

独立店舗だと訪問しにくいのだ。見るだけなんてのは…。

つまり、『飼う気』と『買う気』、という『覚悟』がないと行けない。

 

でも、こうしてショッピングモールの中にできたショップなら訪問しやすい。

買い物のついでに覗いていたら、ひと目惚れ!店員さんが来てすぐ、ケージから出して、抱かせてくれる。

抱かされたらもうダメ。離れられなくなってしまう…。

だから私は、短時間でスラーっと見て回ってから出たけど、子犬を抱いて座っている人を見かけた。

あの人、買うのかなあ…?

 

『ひと目惚れ!』それ、迷惑です!、みたいなCMも見た。

 

私は、家族ともども、あと20年元気で居られるか自信がないので、ペットは飼えないと思っている。

 

昔、勤めていた小さな病院の経営者宅に、シーズー犬が居た。

人懐っこくて可愛くて、帰りに寄った時には、抱かせてもらったりした。

 

子供の頃に、犬を飼っていたが、家族の問題もあり、可哀そうな最期となった。

その後悔から、もう二度とペットは飼わないと自分自身に言い聞かせて来てる。

アパートでは実際飼えなかったし、経済的にも無理だったけど、ペットショップで見た可愛いヤツラには、心奪われそうになった。

 

でも、そんな私も、ひと様のブログに出てくる犬さまや、猫さまの画像を見せていただき癒されている。

たまに、またペットショップをのぞいたりもして、何とか満足することにしている。

 

 

シーズー


ただ気がかりは、売れ残った子たちの行先だ。

ネットで調べたら、保護団体などに送られ、譲渡に委ねられるか、繁殖犬になるなどの道を行く事になる。

どうか元気に生き延びて欲しい!

どこかの誰かに可愛がってもらえますように…と祈るしかない。

 

 

 

 

映画『チケット・トゥ・パラダイス』を観て

 

私の好きな俳優のうちの二人。

ジョージ・クルーニーと、ジュリア・ロバーツが、ロマコメで元夫婦を演じるとあって、楽しみにしていた映画。

  eiga.com

 

王道のストーリー。

鑑賞後に落ち込むことの無い、間違いなく絶対安心ハッピーエンドを予測確信できる映画。

結婚生活は、5年間。娘のためにその後20年間、親として、イヤイヤだけど協力してきた元夫婦。

そんな二人の可愛い娘がロースクールを卒業し、弁護士事務所への就職も決まったところで、友人とバリ旅行へと出かけたのだが、そこで出会った現地の青年と電撃婚をすると言ってきた。

慌てた元夫婦は、現地へ飛び、協力して結婚阻止の行動を起こす。

色々やってるうちに、両親は結局、娘の気持ちを認め、結婚を許すことにした。

そして、本気の愛を貫き通した娘は結婚に至り、元夫婦はお互いへの愛情を再確認して、元サヤに収まりそうな雰囲気で、ハッピーエンド、というワケ。

 

ジョージ・クルーニージュリア・ロバーツは、実際には親しい友人同士。

その仲の良さがにじみ出ているのか、軽やかな皮肉や冗談の応酬が小気味いい。

バリの海や景色、美しい衣装が素晴らしく、ホテルなど現地リゾートの雰囲気も味わえる映画となっている。

娘リリーの恋人グデも、家族から愛され祝福されていて、とにかく、どっちを向いても、みんな仲がいいんだ!

 

もしかしたら、お決まりのエンディングかもしれないけれど、観ているこちらも何だか胸があたたかい。

 

ちょっとホロッと、ちょっとウルッと、そして最後に少しだけ、『キュンッ』が来る!

そんな映画でした!

 

アクション映画や、刑事ドラマみたいなシリアスなもんばかり観ていたら、たまに、こういうのを入れないといけません。

 

ぜんざい・ぜんざい・塩こぶ・ぜんざい…って、知りません?

 

同じものが続いたら飽きるので、あいだに違うもの入れて、最後にまた元の味を味わうと美味しいんですな!

 

疲れたとき、寂しいとき、『ホロッ』と来る映画が、おすすめです!

 

 

 

ハリー・ポッター ロケ地巡りツアーに行ったこと

イギリスに旅行した時の、ハリー・ポッターに関する写真。

 

セント・パンクラス

 

クライストチャーチ看板

 

クライストチャーチ(オックスフォード大学)

 

ザ・グレイト・ホール

 

ザ・グレイト・ホールのステンドグラス

 

ワーナーブラザーズスタジオ

 

ホグワーツ魔法魔術学校

 

 

実際に撮影に使われた衣装や小道具が展示されている

 

フィッシュアンドチップス(スタジオ内)

 

ドラゴン


映画『ハリー・ポッター』の世界に没入することができて、ワクワクした。

とても楽しかったのだけれど、職場へのお土産に、ハリー・ポッターの顔付きマグネットプレートを配ったら、「あれ? USJに行って来たの?」って、あるドクターに言われたのが、ちょっと悲しかった…。